買い続けられる話

諸事情により過去の記事が見れない状態ですので再アップいたしました。
「買い続けられる話」をまとめたものでございます。


若干の修正、カット、加筆してあります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



こんにちは、こじです。


いつもご覧いただきありがとうございます。





今回は超大作???
いいえ、長いだけですが・・・・(笑)




自分の場合ですが、


自分用と投資用を分けて買ってました。




でも、みなさまは「自分用」というつもりですよね?


ちょっとだけ投資の知恵も入れますね。





で、
予算を決めましょう。



20万円コースにしましょうか。





あ、その前に、
みなさまは現在お持ちのアコギで満足していらっしゃいますか?



大満足
やや満足
やや不満
不満



おそらくですよ。


やや満足、やや不満、アタリが大半を占めるのではないでしょうか?




大満足ならもうそれ以上買う必要ありませんからここで終了です。



で、
それ以外の人は、


理由は?



・飽きた。
・ジャンルが変わった。


これ自分の場合です(笑)




そのほかにどんな理由があるのでしょうか?


・たまたま、誰かが弾いてるアコギの方が良く思えてきた。
目移りですね。


あ、これも自分です(笑)




・気分転換


あ、これも・・(;^_^A




・急な物入でやむなく。
・もうちょっと上のランクにステップアップ。


まぁ事情はそれぞれかもしれませんが、内容を置き換えて参考にしてください。





条件もあります。




・ある程度は目利きができる人
相場、コンディション、スペック等の把握




・20万円コースの場合は20万円を用意できる人
なんだよー!
これじゃ普通じゃん!!


まぁまぁ、
20万円は今買うためのお金、
運転資金だと思ってください。




けっこーあるね。
めんどくせっ!



それではやめましょ。
いくらなんでもまったくの労苦なしでは無理ですよ。




でもこの労苦は経験となり、
その経験から思いがけないプラスを生むこともあるかもしれませんよ。




もうちょっと見てから考えてくださいな。




・ネット情報を有効活用
これはもうみなさまご活用されてますよね。



・ある程度は名の知れた中古であること
改造品はNGです。





それでは続けますね。



で、
20万円のアコギを買ったけど、しばらくしてどうも買い替えたくなってきた。


それを下取りにして次買うか・・・・。




それでもいいですけど、おそらく3~8万円くらいにしかなりませんね。




ですから、
その20万円で買ったアコギから、
さかのぼって見直していきます。




で、
方法は2つ


・委託販売
・ヤフオク出品



委託販売の方がハードル低いので今回はこれ使います。




え、これから買うのにもう売る話???
まぁそうです。



最初の条件で「目利きができる人」と書きましたね。



どういう人なのか?
20万円で買ったのアコギを20万円以上で売れる人




新品の場合はその使用年数に応じてどんどん値を下げないと売れません。
しかし中古の場合はある一定のところまで行くと金額が止まります。



その売値相場の止まった状態、言い換えれば値の安定している状態のアコギを買うのです。




試しにギターサイトで安い順に検索してみてください。
そうですねぇ・・・「martin D-18」にしてみましょうか。





メッチャ安いのは何かしら欠陥があります。
いわゆる「わけあり」ですね。



掘り出し物もありますが今回はパス



18~20万ちょっと出るくらいが多くて、



21万から1970年代が目立ちます。
これには理由があるのですが・・・・
ちょっとお勉強すると「見える」のですけどね。



ま、それは別の機会に。




で、
18~20万円に絞ります。



で、さらに2本に絞りました。




A店に1本 18万円
B店に1本 20万円 としますね。



あ、もうひとつ
C店 23万円 も入れておきます。




まずは、A店に電話して細かいコンディションを訪ねます。



で、
その情報をそのままB店、C店に伝えます。




「今、こういうアコギを持っているのだけど、コンディションは・・・・・・です」
いいや、ホントはまだ持ってないのですよ。
でも、事細かにA店からの情報を伝えます。


「で、委託をお願いするとしたらいくらになりますか?」



B店
「そのコンディションなら20万円くらいにはなると思います」


C店
「そのコンディションなら23万円くらいにはなると思います」




なぜ、差が開くのでしょうか?



A店よりB店、B店よりC店の方が「D-18」に関しては強いのですね。
その値段でも売れる実績があるということです。




だから、
「A店で18万で買ってB店、C店で売ってもらう」わけです。




A店がこうだとして、
本体価格 165000
税 13200
合計 178200




B店で委託した場合は、
本体価格 185000
税 14800
合計 199800


この中から
B店への委託手数料(15%)
27750


で、自分の取り分
157250





C店で委託した場合は、
本体価格 220000
税 17600
合計 237600


この中から
C店への委託手数料(20%)
44000


自分の取り分
176000





どうですか?




仮に
A店で178200で購入しても
B店とC店ではこのくらいで売却してくれる。




おぼえてますか?
「値の安定している状態のアコギを買うのです」
と言いましたね。




つまり
1年使って売却してもB店、C店の評価額はさほど変わらないのです。



この確約が取れたものを買います。




ただし、
その後にコンディションが変わってしまった。


ネックが反った
ボディが膨らんだ
ぶつけた
など


その場合はとうぜん減額されますよ。
自分へのペナルティだと割り切って、以後気を付けるようにしましょう。




ここまでうまくいくかは経験次第というところもありますが・・・


でも、
B店くらいにはなると思います。



よーく見て回転率の良さげな店を探してお願いしましょう。



A店で178200で買って
B店で委託で157250が残った
差額が約2万円



1年間は思い通りに使えたわけですから
レンタル料と割り切れませんでしょうか?


このサイクルで1年周期でも、2年周期でも、または3か月周期でも、買い続けていくことが可能なのですね。




あと、
売れるまでそこに預けなくてはなりません。


ですから、
そのアコギしか持っていない場合は
売れるまでヤフオク3000円とかで我慢するか


他にもお持ちなら、
まぁそれほど困りませんね。


で、その取り分を使って次を買う
その時も十分にリサーチして買えば、次も、その次も、安心ですね。




もっと高額なものであったり、
何本も続けて買ったり、




失敗もするかもしれませんが、
それだけお勉強、レンタル料と割り切って、



周期が短いほど色々なアコギを自宅で一定期間モノにできるのですね。





考えてみてはいかがでしょうか?




以上です。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。