録音中に絶対に「ピンポ~ン」を押させない方法

諸事情により過去の記事が見れない状態ですので再アップいたしました。


若干の修正、カット、加筆してあります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




こんにちは、こじです。


いつもご覧いただきありがとうございます。






いい感じで録音が進んでいます。
もうちょっとです。




「ピンポ~ン!」



そういう時に限って
ありますよね。



で、宅配だったらあきらめもするけど、セールスマンだったら最悪ですね。



んじゃあ、玄関ドアに「セールスお断り」のステッカ―は?




ダメ!
弱すぎ




こう言って逃げられます。



「セールスではないので」



じゃインターホンの電源切っとく?
それじゃ、業者、宅配の訪問も逃してしまいます。




これでどうじゃ?



「あらかじめ約束を取り付けている業者さんや宅配関係の方以外のインターホン及びノック等の一切の呼び出し行為は固くお断りいたします。」



そうね、80%のセールスマンはビビッて退散するかもしれないけど
まだ甘いね。





え?




「あ、すみません! 貼り紙があるの気が付きませんでした」





いくら強く禁止事項を並べても



「弊社の担当と電話で約束を取り付けてるはずなんですけど???」
とか言うでしょね。



腕のいいセールスマンは相手が怒っていようがどうだろうが、
玄関まで出てくればそのあとはどうにかします。




逆にそういう家のほうがセールスに慣れてないので
「モノにしやすい」くらいにしか考えてないでしょう。




こわいですねぇ~
セールスマンが来たら絶対出ちゃいけませんよ!
机の下に隠れましょう(笑)




なんでそんなこと知ってんの?
あんた何者???



はい、アイドル歌手です(笑)




で、
研修とかでセールスのビデオを見せられたことがあります。
その研修が今役に立ちました!!(笑)




まぁそこまでしつこい人は限られてると思いますけどね。





でも、録音中に絶対ピンポンされたくないでしょ?



これでどうでしょう?





「業者の方、宅配の方へ いつものところへ外出中です。電話くだされば、すぐに戻ります」




え? これとセールスマンとどんな関係が???




一見わからないでしょ?
だからいいんです。




では、一つ一つ見ていきましょう。





「外出中です」
これだけでは業者や宅配も帰ってしまいますね。


留守ですよ
業者や宅配に対応できる人は一人もいませんよ


というセールスマンへのメッセージです。




「電話ください」
業者さんにはあらかじめ電話番号を教えてあるでしょ。
宅配の伝票にも電話番号が書いてあるでしょ。



「いつものところへ」
業者、宅配は「いつものところってなんだべか?」と一瞬考えるでしょう。
でも、電話しろということだから「いっちょ掛けてみっかぁ」となるでしょ。



セールスマンに対してより内容をリアルにするためです。



「すぐに戻ります」
もしかしたらやる気のない宅配が「めんどくせっ」とそのまま帰ってしまうかもしれません。



だから帰られないように念を押します。
「すぐ戻ってくる」のがわかっていれば電話するでしょ。



で、電話かかってきたら
「今出かけるところでした」とでも言えば自然でしょ。





セールスマンはこれを見てどう思うでしょうか?




「業者の方、宅配の方へ」 
「いつものところへ」
「外出中です」
「電話ください」
「すぐに戻ります」




シンプルな内容ですが必要なキーワードがそこに凝縮されているわけですね。




なにげない「業者の方、宅配の方へ向けた伝言」と思うのではないでしょうか?




その文章を100%「伝言」だと信用するでしょ?



怪しいと思う人いないでしょ?



実はセールスマン対策だとはだれも気が付かないでしょ?





きっとセールスマンは「留守なのか」とインターホンを押すまでもなく引き返すでしょう。




それでもインターホン押すセールスマンがいたらゴメンナサーイ。
お手上げです(笑)




逆に「たいしたものだ」とほめてあげてください(笑)





それと貼りっぱなしではダメです。


「この間来た時も貼ってあったよな? とりあえず押してみよ」
という可能性もあります。



できれば毎回新しく書いた方がリアルですね。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。