Fコード攻略

諸事情により過去の記事が見れない状態ですので再アップいたしました。


若干の修正、カット、加筆してあります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




こんにちは、こじです。


いつもご覧いただきありがとうございます。




Fコード


アコギ始めて誰もが通る第一関門ですよね。




いやですね~


どうしても抑えられない


手ばっか痛くなってねぇ




Fと聞いただけでもういやでしょ?





やめときましょ
コラー!!




誰がFコードなんて考えたのでしょう?


この人のせいでどれだけの人間がアコギを断念したことか・・・・。


FコードというくらいだからきっとFの付く名前に違いありません。
藤本? 福田? 古川? ・・・・?
えーかげんにせいっ!!





では、はじめます。



あ、その前に自分は教本とかHow toものが大っ嫌いなのでほとんど見てません。
前置きが長いでしょ、もうイライラしちゃって。
オマエもなっ!



ほとんど自己流なのでどなたにでも当てはまるのかはわかりませんよ。



え~と、Fでしたね。


右利きの場合で話しますよ。



F抑えてみてください。



手首が窮屈でしょ?




じゃ、体ごと1弦側に持っていくくらいの気持ちで体を寄せて(左肩を倒す感じ)みてください。



手首が楽になったでしょ?




ということはさっきよりも力が入るでしょ?


で、鳴らしてみてください。



あぁ、まだ抑えきれてませんね。




では、次になるべくフレット付近まで、フレットの上から抑えるくらいの気持ちで弾いてみましょう。



あっ、もうちょっとですね。




じゃ、次は親指を見てみましょうか


ネックの一番力の入る位置に置いてますか?
わからなかったらちょっとずつずらしてその位置を探してみてください。


自分の場合はド真ん中よりホンの数ミリ6弦側に寄せたところが力が入ります




で、鳴らしてみましょう


あ、いい感じになってきましたよ!




もう少し力入りませんか?




あっそう、もう限界ですか。




そうなんです、その通りなんです。


左手だけでは限界があるのです。




Fコードと限らず、



たとえば、
A#とか
ハイフレット付近でセーハしたり



どうしても力が必要な場面では、
いや、そういう場面でなくても、



常に使っていると言ってもよいかもしれません。



その指だけで弦を抑えるのではなくてそれ以外の体の部分にもサポートしてもらいましょ。




では、それはどこの部分でしょうか?




右手を使いましょう。
肘のあたりね。


スタンドでも座っていてもおなかと肘の間にアコギを挟みますよね。



で、
さらにひじでグイっとアコギを押してみてください


すると、
自動的に抑えていたネックの方が左手に寄ってくるでしょ




どうですか?




右肘のサポートを受けてネックが左手に吸い付く感じになってきませんか?




この肘の使い方を覚えてくれば




左手がとても楽に
無駄な力を使わずに
長い時間の演奏でも
スタミナが持つように
なるかもしれませんよ。




ということです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。