ナットとサドル 先にやるのはどっち? ②

こんにちは、こじです。





「ナットとサドル 先にやるのはどっち?」


①の続きですが言い忘れました。



ハイフレット側ばかりで演奏する曲って少ないですよね?



割合としてはローフレット側にポジションすることのほうが多いのではないでしょうか。



そのこともあってローフレット側から低くするためナットから始めてます。



こちらの図の赤線が標準の調整だとすると青線を目指します。
ヤフーで見つけた画像をお借りしていますが左側がナット、右側がサドルです。


加工したらちょっと見ずらくなってしまいましたが赤線と青線の違いが分かればいいです





で、ナット側をアップにしてみると下の図のようになります。






弦と指板がほぼ並行してますね?




ここまで下げるとかなり抑える指の負担が軽くなり、自分のようにスタミナのない人間でも長時間の演奏をすることが可能になります。




削る過程でそのたびにナットを戻して弦をチューニングはしません。


ナット溝をフレットの高さに合わせるだけですからとりあえず最終段階までは弦の代わりに定規か何かを当てれば十分です。






が、リペアショップでここまで下げてくれと頼むと必ず反対されます。






何でかわかりますか?





テンションが得られなくなるから。





じゃ、何でテンションが得られなくなるのか、わかりますか?





ナットが低いほどにペグポストまでの角度が浅くなります。





するとその分テンションが低くなってしまう。





なので、これは楽器店やリペアマンの推奨しない調整です。





じゃ、やっぱり下げないほうがいんじゃね??





以前に「アコギとハンデと・・・・の話」の回で自分の事情を話してます。


ま、多少の煩いがあってもアコギは楽しいですよ! やってみませんか? あきらめずに頑張りましょ! という話です。





ですから、ここまで下げる調整はそういう事情のある方や力の弱い女性や子供


それと、単に軟弱な人(笑) 向けともいえるかと思います。




それに、テンションはナット高よりもサドル高のほうが影響が大きいような気がします。




めっちゃ低い状態からナットとサドルの底に同じ厚みのシムを挟んでみる。



するとナット側だけ挟むより、サドル側だけ挟んだほうが効果がある。




ご自分のアコギで名刺の切れはしでも挟んでみればすぐわかると思いますよ。





わかりましたか?





でも、健康に問題のない方は少しナット側が高いくらいのほうが良いと思います。






で、ネック、フレッが適正であればこのようにナットから始めても結果としてサドル側もそんなに高くはならないはずです。





で、12フレットで何ミリくらい?




さぁ~、図らないのでわかりません




えっ! 図らない??




ノギス持ってないし、持ってても老眼で見えないし・・(笑)




目安としては標準より下ですが




数字にこだわるよりも自分で弾いた感覚で決めます。




アコギ数本を調整するとして同じ数字に揃えたからって弾きやすさは全く同じではないはずです。




だから、数本でプラマイ0.3ミリくらいは個体差が生じてるかもしれません。




わかりましたか?




上の図の青線をイメージすることですよ。





で、問題点はテンションが下がること。




もう一つあります。




チューニングをドロップするとビビりやすいこと。




改善方法はあります。\(^_^)/




100パーまではいかないかもしれないけど・・・・





はい、これで「ナットとサドル 先にやるのはどっち?」は終わります!(笑)




ええええええええええっ!  そんなぁ~!!!




だって、ナットとサドル 先にやるのはどっち? の答えと理由は話したでしょ(笑)




他の回とダブるというか、そこを通ってからのほうがいいかなと思いますのでその時にやりますよ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。