買っておけばよかったアコギ ⑦

こんにちは、こじです。




早速ですが、お知らせがございます。


当ブログの右下に「アコギカテ・参加メンバーさま」を追加しました。



コレを設置すると他のメンバーさまのブログも目につきやすい・・???
とか書いてあったので始めました。


まだご存知ないメンバーさまのブログがあったら一度ご覧になってみて下さいね!(^▽^)/





それと、
「トラスロッド積極的活用 ①」のところで続きを翌日にやるとお伝えしておりましたが、都合により来週にします。


申し訳ございません。



で、
その代わりに「買っておけばよかったアコギ」の7本目をお届けしたいと思います。




それではイキますよっ!



Martin Custom Shop 14Fret Style28 2017






Martin / CUSTOM D-28 (D-14 FRET STYLE 2017 MARTIN FACTORY TOUR LIMITED 【世界限定50本】【イシバシ楽器梅田店】



正確な名称は忘れました。


ってか、各店舗で名称が異ってました。


取り扱っていたのはイケベ、イシバシ、ワタナベなどで368000円で昨年販売されていました。



マーチンのカスタムは似たようなものが出回ってますので、どうか間違えないようにしていただきたいのですが・・・・



覚えている特徴としては、


・D-28スタイルなのだけれどもD-28の刻印がない
・代理店のクロサワには置いてない
・限定50本
・サテン塗装Low Profileのマホガ二ーワンピース・ネック
・45グレードのトップ材
・デカール・ロゴ
・グローバーペグ
・ブラックピックガード
・ナット、サドルが牛骨
・真っ黒なエボニー指板、ブリッジ
・旧スタンダードブレーシング


見た感じでは旧D-28スタンダードに近いです。


「2017年製で45グレードトップの限定50本」で絞れるかもしれません。




まず、手に取ってみてすぐ気づいたことはネックが非常に良い!



60年代のマーチンネックはご存知でしょうか?



ま、TバーとかSQの話は置いといて・・


このマホ・ネックはこれ以上のネックはないというくらいものすごく強固です。


言葉では言い表しづらいですがとにかくビクともしない。



だから、よほど扱いが悪くない限り反らない。


で、ネックは反らない代わりに付け根のところから起きてしまう「元起き」が多いのですね。




このネックはそれに近いものを感じます。




それと45グレードトップのD-28は今までもカスタムが存在してますがどうも肝心のサウンドに反映されてないような印象を持っていました。



でも、それらの「なんちゃって45トップ」とは全然違うと思いました。



かなり硬質な音色で、全くもたつくところのない、弦振動を即時に音に変換させることのできる力量と分離のよさを持っていました。



5年も弾いていれば硬さが取れて大化けするのではないでしょうか。



もしかしたら、確認してませんがトップとネック以外にブレーシングにも良材が充てられてるのかもしれません。



自分が弾いたマーチンの中では「買っておけばよかったアコギ ②」のD-28Vと、この28スタイルの2本が一番印象に残っています。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。