買っておけばよかったアコギ ⑤

こんにちは、こじです。




さ~て、ここまでの4本はいかがだったでしょうか?


ちょっと頑張れば手の届く範囲のものかなと思いますので一度弾いてみてほしいです。




で、5本目は



KAWAKAMI GUITARS New Wave SS





たぶん型番は違うと思いますがこんな感じです

Chris Proctor - Kawakami Guitars



まさにコレです。
ココで買ってココで委託しています。



島村ブランドの上位機種に使われている「サークル・フレッティング・システム」も特徴の一つです。



Y.Kawakami Guitarsはカナダを拠点にしている川島祐介氏のブランドで、ヤイリの職人さんでその後独立した川上秀穂氏の息子さんです。




で、コレは2本買ってます。


1本目は通販で買いました。
ピックガードなしのオリジナルのままでした。


でも、状態が悪くて返品しました。




それから、しばらくしてたまたま見かけたので弾いてみました。


で、とても状態がよく弾きやすかったので購入しました。


特にサイドバックのホンジュラス・ローズウッドの影響なのか、地を這うような重心の低い低音が素晴らしいです。


その後は意識して「ホンジュラス・ローズウッド」を試奏するようになりましたがこれ以上のモノには出会ってません。



また、SJ(スモールジャンボ)に近い表面積ながらサイドがドレッドよりも2cmくらい厚くてその分豊かな音量、スライドしてもまったく減衰せず返って音量が増す、またハイフレットでも力強くてしかも澄み切った音色、と褒めちぎりなのですが・・・・



置き場所に限りがあるので決め事があるんですよ。



ドレッド ローズ系は2本まで、マホ系は1本、クラギは2本までとか、その種別で枠を決めてるのです。


プロ野球で「外国人枠は3人」とかの枠です(笑)



で、SJ枠は1本しかないのです。


しかしすでに先客がいて、どっちにするかというと先客の方を選んでしまったわけなのですね。




日本人による手工品ギター


まだの方は一度弾いてみてくださいね。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。