いかに効率よく、高値で、売却するか 5

こんにちは、こじです。




「いかに効率よく、高値で、売却するか」のパート5です。



気合入れていきますよっ!





前回は「格付け」について見ていきました。



ご覧になりましたか?


まだの方は一読しておいてくださいね。




お金(手取り分)の受け取りについて書き忘れてました。



振込日


その店によって支払い方法が異なります。



大きいところは支払日が決まってることが多いです。


毎月25日
毎月15日と30日 とか



個人店になると売れた翌日には振り込まれます。



ですから、
お急ぎの方はその辺も前もってご相談、ご確認をすませておいた方がよいかと思います。






得意なメーカー、ジャンル



基本的にどんなアコギでも委託は可能ですが・・



ヤマハが強い
ルシアーものが強い  
ヴィンテージが強い
高額が強い 
低額が強い      とか



強いということは




その店にはそれを探してるお客様が多い



「客層」ですね



たとえば、自分もお付き合いのある店がありますが、


「こじさんの探してたアレが入りましたよ。状態は~~な感じです。とりあえず取っておきましょうか?」


な~んて連絡が入ることがあります。


で、ドンピシャならもちろん買います。



「~のアコギが入ったら連絡ちょうだい」
と先に伝えているお客様もいます。



ということは



早く売れる


相場、あるいはちょっと高めでも売れる


少なくとも相場を下回る可能性は低い




j guitar などでその店の傾向をよーく見て、


「より強いところに委託する」


ということです






地域



さきほど、1960~1966年のTバー Martin D-28をJ guitarで検索しますと、


東京で5本
他の地域で4本


ありました。



かなり本数が少ないですね。



金額も高いので買う人は限られます。



で、これを本気で探してる東京近郊の人は、東京にある5本はもうすでに試奏している可能性が高いです。



そのうちの1本を購入したとして・・1年後に売る場合



同じく東京で委託販売したとしても、東京近郊の人はすでに試奏している



つまり、その当時に試奏しても触手が伸びなかったD-28



しかも、出回る本数が少ないので


「試奏したことを覚えている」


「その時の金額も覚えている]


中古の場合、
ピックガードやペグを交換していたり、ストラップピンの位置、どこかに傷があったり、とか特徴があって覚えやすいのですね



だから、「売れる可能性が低い」「その時より金額を下げないと売れない」かもしれません。


「あ~コレね、前に他の店で弾いたよ。だからもう弾かなくてもいいいよ」




だったら、「ほかの地域」で委託したほうが「高く」「早く」売れる可能性が高い、かもしれません。



これほどのレアなアコギでなくとも「探してるアコギ」って結構覚えてますよね?



「このCat's Eyes CE-2000 1980s は前にどこかでいくらで売ってたヤツだ」


とか



ですから、
自分の場合は「買った地域」と「売る地域」はなるべく別にしています。



特にレアもの、特徴の覚えやすいアコギは気を付けるということですね。





金額設定はヤフオクも視野に


ヤフオクもやってる人



ヤフオク手数料 8.64%
委託手数料 20%



手取りが最低でも160000ほしい場合



先に委託をします




が、ヤフオクの場合はいくらで売るかを決めてから委託の金額を算出します。


ヤフオク相場が185000万だったとして、それなら最低でも175000くらいでは売れるはず、としましょうか。




最低入札額   175000
ヤフオク手数料  15120
手取り     159880



つまり、
最低入札175000で落札されれば、159880の手取りが入る





で、委託20万コース



売価    200000
委託手数料  40000
手取り   160000



この場合の実際の売値は


売価    200000
消費税    16000
売値    216000



つまり、
手取りを160000を下回らないように金額設定するためには、委託手数料と消費税をプラスした216000で売らなければならない。



ヤフオク 175000
委託   216000
差額    41000



41000も高く売らなければならない




仮に、
値引き交渉が入って1万引くと


売価    190000
委託手数料  38000
手取り   152000



手取り16万を下回ってしまうことに・・・・




わかりますか???




大丈夫ですよね・・(;^_^A




委託で売れない場合は、いつでもヤフオクで175000(手取り160000)で売ることができる



たとえば



とりあえず、
委託はちょっと高めの220000で様子見する



売価     220000
委託手数料   44000
手取り    176000



この金額で売れれば儲けものですね


予定の手取り額160000より高い176000が手に入ることになった




で、もし売れなければ1万下げる



売価     210000
委託手数料   42000
手取り    168000



それでも、168000になる




で、売れなければもう1万下げる、
160000を下回ってるわけではないのだから・・・・



でも、いいけど




自分ならヤフオクへ



ここまで数か月の間、J guitar&Degimartに掲載していた



つまり、
「見られていた」


「ずっと売れてないこともバレてる」



ということは印象悪い




だからヤフオクにチェンジ



ヤフオク相場は185000でしたね。


で、委託は210000で止めてます。
消費税16800をプラスすると226800




で、最低落札額を175000に設定





ヤフオクでアコギ買う人はどんな人?



ヤフオクでしか買わない人


この人は出品者評価とヤフオク相場で判断する


だから、評価に問題なく相場より安ければ買う




ヤフオクだけでなくJ guitar&Degimartも併用して買う人


この人は売れなかった金額226000を知ってる
もちろん出品者評価とヤフオク相場も考慮する


だから、評価に問題なく相場より安くて、
J guitar&Degimartより大幅減額であれば買う




のように必ずしもうまくいくとは限りませんが・・・・


自分は「可能性、確率の高いほうは?」とか考えながらやってます。



今回はここまでです。


たぶん、もう一回で終わると思います。



お疲れさまでした!





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。